紅茶には硬水が、コーヒーには軟水がよし!と言われていますが…何故か??長い話になるので何回かに分けてつぶやきたいと思います。

まず、水の硬度について。

硬い水ってなんやねん??と思いますが、水にはカルシウムイオンとマグネシウムイオンなどが含まれています。その含有量で「硬い」「柔らかい」と言っています。

硬度の定義は国によって違うのですが、WHO(世界保健機関)での定義だと

硬度0~60mg/lを軟水、60~120mg/lを中硬水、120mg~180mg/lを硬水、 180mg/l以上を超硬水

となります。

味も大層変わります。フランスの「コントレックス」はミネラルウォーターの中でもダントツで硬いのですが、硬水飲みなれていないと吹き出すレベルです。(今は大好きですが、初めて飲んだ時は実際吹き出しました。)

特に、日本は地域差はあれど大抵軟水なので、硬い水は飲みなれない方が多いのでは?

水を飲みながらミネラルを摂取できる!と昔流行ったのですが、吸収率でいうと硬いほうが体に水が吸収されにくいので好きなほうを飲んだらいいと思います。

余談ですがコーヒー好きは特に併用して水を飲むと脱水症状にならなくてよいかもしれませんね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。