カフェ・オ・レのテイクアウトやってます!と言った手前、ちょっとミルクを入れたコーヒーについて。

「カフェ・オ・レ」はフランス語、「カフェ・ラッテ」はイタリア語で「ミルク入りコーヒー」という意味です。

日本では

「カフェ・オ・レ」が「ミルクとドリップコーヒー」

「カフェ・ラッテ」が「ミルクとエスプレッソ」

「カプチーノ」が「フォームドミルクとエスプレッソ」

という感じで住み分けをしています。

因みにフランスやイタリアではどうか?というと、特にどっちでも良い感じですね。フランスでは「ドリップコーヒー」だろうと「エスプレッソ」だろうと「カフェ」(café)です。

喫茶やレストランで「Un café, s.v.p」(コーヒー一つ)と言うと、ほぼ100%の確率でエスプレッソが提供されます。ドリップコーヒーを提供しているカフェは少ないので、必然的に「カフェ・オ・レ」と言っても「ミルク入りエスプレッソ」が提供されます。日本のようにどこでもドリップコーヒーが楽しめる訳ではないのでご注意を。…どうしても濃いのは無理!!と思ったら「café américain」(カフェ・アメリカン)を頼むとエスプレッソを薄めたものを頂けます。

サキ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。